太郎ライブラリメルマガ

「強気な中国人、その中国人の中の本音とは?」

タグ: ,


「強気な中国人、その中国人の中の本音とは?」

最近、私の事務所(参議院議員会館)に同じ内容についての電話での問い合わせが増えている。「また、中国の話ですか?」私がそう答えると「えー、いつも申し訳ないのですが、中国ビジネスがどうなるかと気になりまして。中国ビジネス通の先生にお聞きしようと…」

質問をしてくる相手は、その多くがビジネスマンではない。政府関係者や外交関係の人達だ。最近の「安倍ノミクス」なる景気回復で、いよいよ日本が中国と経済的にどの様に付き合っていくのか暗中模索中の方々からの連絡だ。日本の政治関係の人達は、どうやって中国と経済的に上手くやっていくのか悩んでいる人が多い。

中国は日本にとって最も重要な経済相手国だ。しかし、「尖閣の問題」以来、日本と中国の関係はギクシャクしている。王毅氏(元在日中国大使)が新しい中国外交部(外務大臣にあたる)のトップになる報道が広がると、「王氏は、親日派だから日本には都合がいい」とか「いや、親日派とみられると逆に中国共産党の中で立場が厳しくなるから、日本により厳しく当たるのではないか」とか憶測が飛んでいる。

幾多の日中の政治的な困難な状況を乗り越えて来て、「政治と経済は別」とこれまで日中のビジネスマンの間で言われてきたのは周知のとおり。しかし、今回ばかりはどうも今までとは空気が違う様だ。

「もう日本に学ぶものはありません」「これからは、中国は躊躇することなく米国と、そして世界と堂々と取引をする時代です」
私は、四半期に一度程度、清華大学の経営管理科(MBA)の学生団が来日した際、受け入れ教官として「日本技術経営」について教えている。今回、来日した学生達は、私にこう言い放ったのだ。「先生をどこまでも敬う」のが中華風であったが、もはや「先生を越える」のが最近のスタイルらしい。

中国人の経済的余裕とビジネスマンの自信が、これまでの日本に対する見方を大きく変えている。だから、中国のビジネスマンは日本と対等でありたいという意識が強くなっている。では、彼らの内心は本当に強いものなのだろうか?

今回の全人代(全国人民代表者会議)では、習近平氏が正式に中国国家主席に就任した。首相も温家宝氏から次へとバトンタッチされる予定だが、注目されたのは温氏が首相として最後の改革として位置づけた「鉄道省」の解体だ。

中国鉄道省は腐敗の温床であった。中国の発展と共に中国鉄道の総距離数は昨年の7300㎞から9000㎞へと一気に延長。日本の鉄道総距離数が約2300㎞だから中国鉄道の工事は半端ないものだとわかる。そこに劉志軍鉄道相は、リベートを要求。これまで蓄えた不正蓄財はなんと120億円にも上るという。利権の巣窟であると同時に、32兆円の負債という、まさに火の車(中国語で列車を『火車』と書く)。とうとう解体となったのだ。中国の悩みは、上から腐敗の構造にあって、商売現場まで公正な商習慣が形作れないというジレンマだ(中国特有の商習慣の具体的な面については次号以降取り上げることとする)。

そして、今回の主席交代は、文革(文化大革命)の影が色濃いものになっている。習近平主席にせよ、その座を争った李強克氏にせよ、ともに文革世代が中国のトップにたったということだ。

文革はご存知の通り1966年から1976年まで続いた、まさに中国国内の内乱だ。この10年間は、中国の経済が停滞し多くの若者は「下放」として地方へ送り込まれることとなる。10年間、まともな経済を知らない世代が育ち、今回のトップ達も世代が交代し文革時代に青春を過ごした者がリーダーになっている。そして、もう一つの特徴は、「革命第一世代」、つまり毛沢東と中国を建国してきたリーダーがもはやどこにもいないとうことだ。前国家主席の胡錦濤氏は、革命第一世代の最後の生き残りの鄧小平氏が選んだ最後のリーダーだ。だから建国と共産党の正当性が担保されているといえる。

商売で言わせれば、先代創業者(毛沢東)が指名した社長なのか、会社が混乱期でろくな商売ができていなかった時期の従業員だった者を社長にするのか、社長としての基盤は大きく違うことが理解できよう。文革によって分断された中国の歴史がビジネスの現場においても大きな影を落としているのだ。

そして、「独りっ子」政策。人口爆発をしてきた中国が、子供は一人しか生ませない政策をとり人工的に人口をコントロールしたのだ。80后(パーリンホー)という1980年代生まれの若者達は、まさにこの「独りっ子」政策の賜物。親に大切に育てられて「小皇帝」と揶揄される。

「尖閣の件で戦争にはならないですよ」、くしくも私のビジネスパートナーが言った。理由を聞くと、「一人しかいない子供を絶対戦争には行かせません」「徴兵なんかして子供を取られるようなことがあれば、即暴動。中国史上最大の市民暴動になるでしょうね」つまり、中国軍は戦えないというのだ。日本から見ているとおっかない中国の軍隊だが、内情はそうでもなさそうだ。

腐敗の構造、中国を支配する共産党の危うさ、「独りっ子」による脆弱性。今、中国人の自信の裏側で複座にからむ心理の構造はここにある。

最後に私の清華大学の教え子は言った。「いくら中国人が強そうに言ったとしても、内面は日本を憧れ、日本にかなわないと何時も思っている」と。