太郎ライブラリ報告・レポート

ブーア・ブキッキオさんの記者会見について【第64回山田太郎ボイス】

タグ: ,


国連の「子どもの売買、児童売春、児童ポルノ」に関する特別報告者、マオド・ド・ブーアブキッキオ氏が、漫画の児童ポルノ禁止を日本に要請という衝撃的な報道がAFPからなされました

私は、同氏と10月20日に私の議員会館の事務所で面談を行い、漫画やアニメ、ゲームと児童ポルノとは無関係であること、児童ポルノ規制法改正案についてその経緯を詳細に説明し、同氏の理解を得ていました。訪問時は、まるで私がポルノ推進者であるかの誤解を同氏に植え付けられていた様です。そして、この法案の問題点は、児童の虐待を防止するためのものが、ポルノ防止になってしまったので、本当に児童虐待が行われても取り締まれない欠陥法であると当時の法務委員会での資料も使い詳細の説明を同氏にしておきました。同氏には表現の自由や日本の漫画やアニメに誤解と偏見があることを伝えましたが、結局は、この様な記事や記者会見になってしまいました。

記者会見の映像を一時間分全てチェックして見ましたが漫画、アニメについて触れたのはほんの一部、5分程度で、殆どはリアルな子供の性的搾取がオンラインで取引されているとの指摘でした。AFPの記事は、これだけを見れば、漫画やアニメが記者会見の中心の様に非常に誤解される、意図的なのか質の悪い記事だと思います。

また、同氏は「日本の女子学生の30%が援助交際をしている」と発表していました。私は、日本の全ての女学生の3人に一人近くが援交をしてるとはにわかに信じがたいです。
(注:その後、外務省から連絡があり通訳のミスであり13%が正しいとのことでした。10月30日追記)

国連の責任者が何を根拠に言っているのか、本当なのかと疑いたくなります。今後、厚労省や外務省にもこの発言の裏を取りたいと思いますが、もし、明らかなエビデンスが無ければ、この発言は国際問題だと思います。まさに、日本が国連にその様な報告がされ、偏見にとんだ事柄が国際的に発表させるのです。今後、日本の女学生は、多くが援交してるんだと国際的に見られるのです。この発言から世界中から日本はその様な姿勢で見られ、かえって子供の性的搾取や強姦は増えるのではないでしょうか?

また、性的搾取の犯罪は罰金刑だけでかるすぎるとも指摘されていました。なんと言う誤解。これでは、日本の子供達は国連から守れません。断固、追及していきたいと思います。