未分類

僕たちのニューカルチャー 28号「激動!?の2018年を占う」


□■□僕たちのニューカルチャー、山田太郎メルマガ□■□
2018年2月10日  第28号

激動!?の2018年を占う

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
★気になるニュース、ブログ、SNS
☆「第288回 山田太郎のさんちゃんねる」より「NHK受信料裁判」
★東京都不健全図書指定レポート第14回
☆山田太郎が登場するイベント予告
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

2018年に入って国連による、日本の表現に対するさらなる規制強化の動きが出てきました。日本の表現規制に対する強化の動きが出てきました。

日本のNGO団体による、国連人権委員会に対する報告と言う形で行われています。もちろん、日本における児童虐待の根絶は重要な問題です。日本において多くの児童が虐待によって苦しめられ、あるいは命を落としていると言う事実もあります。

しかし、児童虐待の問題は、児童ポルノと言う問題に矮小化されてはなりません。児童ポルノと言う定義はあまりにもあいまいで、本当に児童を守れることにはできなりません。児童ポルノは、あくまでも児童が裸であるかどうかとう事に主眼がおかれており、虐待があったかと言う事実を捉えていないからです。

そして児童ポルノ問題は、児童の虐待の範囲を離れ、漫画・アニメ・ゲームにおいてもそこで描かれたキャラクターが裸であるとか、児童のコスプレや児童のアイドルそのものが、児童を搾取していて児童ポルノであるといった定義に拡大しようとする動きもあります。

やはり、「児童ポルノ」と言う廃止して、「児童性虐待記録物」の根絶という言葉にすることから始めなければならないと考えています。児童性虐待記録物であれば、漫画・アニメ・ゲームは含まれないということも明らかになります。

2020年オリンピックが近づけば、更にこういった海外からの圧力がますます強化されることが予想されます。そういった不本意な力をはねのけて、日本の漫画・アニメ・ゲームを守っていきたいと思っています。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

続きはこちらからご覧下さい(サロン会員専用)
http://taroyamada.jp/os