山田太郎ボイス

2021年03月22日

「不安に寄り添う政治のあり方勉強会」アンケート報告書公開

参議院自民党「不安に寄り添う政治のあり方勉強会」で12月に実施したアンケートの報告書を公開しました。 皆さんからの「コロナ禍での不安」を政治がしっかりと把握し政府に提言したことで「孤独孤立対策担当大臣」の任命にもつながりました。ご協力本当にありがとうございました。   以下から【全体版】をご覧いただけます。 参議院自民党「不安に寄り添う政治のあり方勉強会 『コロナ禍の不安...

参議院自民党「不安に寄り添う政治のあり方勉強会」で12月に実施したアンケートの報告書を公開しました。 皆さんからの「コロナ禍での不安」を政治がしっかりと把握し政府に提言したことで「孤独孤立対策担当大臣」の任命にもつながりました。ご協力本当にありがとうございました。   以下から【全体版】をご覧いただけます。 参議院自民党「不安に寄り添う政治のあり方勉強会 『コロナ禍の不安...

2021年02月18日

  子を失う事故を防ぐために!チャイルド・デス・レビュー(CDR)のあり方とは

 2月16日、私が事務局をつとめる第3回目の「Children Firstの子ども行政のあり方勉強会~子ども家庭庁創設に向けて~」を開催しました。本日の勉強会では「子どもの死因究明~チャイルド・デス・レビュー(CDR)~」について取り上げました。 写真)会場の様子   今回は、5歳の長男慎之介くんを園外保育中の水難事故で亡くされた吉川優子さん(一般社団法人吉川慎...

 2月16日、私が事務局をつとめる第3回目の「Children Firstの子ども行政のあり方勉強会~子ども家庭庁創設に向けて~」を開催しました。本日の勉強会では「子どもの死因究明~チャイルド・デス・レビュー(CDR)~」について取り上げました。 写真)会場の様子   今回は、5歳の長男慎之介くんを園外保育中の水難事故で亡くされた吉川優子さん(一般社団法人吉川慎...

2021年02月10日

妊産婦に寄り添った日本の周産期医療のあるべき姿とは?ニュージーランドのシステムも詳しく紹介!

写真)司会を務める山田太郎   本日2月9日、第2回「Children Firstの子ども行政のあり方勉強会~子ども家庭庁の創設に向けて」を開催しました。自民党30人の有志によって立ち上げたこの勉強会の経緯と、第1回目の様子については、こちらをご覧ください。(「子ども庁」創設に向け、遂に始動!!Children First、すべては子どもたちのために!) 本日も...

写真)司会を務める山田太郎   本日2月9日、第2回「Children Firstの子ども行政のあり方勉強会~子ども家庭庁の創設に向けて」を開催しました。自民党30人の有志によって立ち上げたこの勉強会の経緯と、第1回目の様子については、こちらをご覧ください。(「子ども庁」創設に向け、遂に始動!!Children First、すべては子どもたちのために!) 本日も...

2021年02月09日

”Children First”の子ども・子育て行政に関する要望や必要だと思うことをお寄せください!

【1分間アンケート】 自民党有志で「Children firstの子ども行政のあり方勉強会~子ども家庭庁創設に向けて~」を開催しています。 この会の呼びかけ人として、皆さんが感じている「子ども・子育て行政」に関する要望や、必要だと思うことの内容を知りたいと考えています。 子育てをされている方はもちろん、学生の方々や子育てをされていない方の要望も積極的にお寄せいただきたいと思っています。ア...

【1分間アンケート】 自民党有志で「Children firstの子ども行政のあり方勉強会~子ども家庭庁創設に向けて~」を開催しています。 この会の呼びかけ人として、皆さんが感じている「子ども・子育て行政」に関する要望や、必要だと思うことの内容を知りたいと考えています。 子育てをされている方はもちろん、学生の方々や子育てをされていない方の要望も積極的にお寄せいただきたいと思っています。ア...

2020年12月19日

不安に寄り添う政治のありかた勉強会、5000名以上のアンケートのご協力ありがとうございました!

写真)12月16日の不安に寄り添う政治のあり方勉強会で中間発表をしている様子  12月4日から11日までの8日間募集していた、コロナ渦での生活不安アンケートを締め切りました。多くの方にご協力いただきありがとうございました。昨年は私だけで皆さんの不安を集めさせていただきましたが、今年は参議院自民党の議員にも協力いただいたことで、昨年よりも多くの回答をお寄せいただくことができました。 ...

写真)12月16日の不安に寄り添う政治のあり方勉強会で中間発表をしている様子  12月4日から11日までの8日間募集していた、コロナ渦での生活不安アンケートを締め切りました。多くの方にご協力いただきありがとうございました。昨年は私だけで皆さんの不安を集めさせていただきましたが、今年は参議院自民党の議員にも協力いただいたことで、昨年よりも多くの回答をお寄せいただくことができました。 ...

2020年12月03日

変人が日本を変える?!「OPEN異能vation2020」に参加しました

11月25日、総務省が主宰する『OPEN異能vation2020』に参加してきました。このプログラムはICT分野で破壊的なイノベーションを起こすために、奇想天外で既存の常識にとらわれない独創的な「変わった事を考え、実行する人(通称「へんな人」)」を発掘するというプログラムです。今回は、本年度の選定者の発表会での挨拶と、これまでの研究展示の視察などをさせていただきました。  はじめに体験したの...

11月25日、総務省が主宰する『OPEN異能vation2020』に参加してきました。このプログラムはICT分野で破壊的なイノベーションを起こすために、奇想天外で既存の常識にとらわれない独創的な「変わった事を考え、実行する人(通称「へんな人」)」を発掘するというプログラムです。今回は、本年度の選定者の発表会での挨拶と、これまでの研究展示の視察などをさせていただきました。  はじめに体験したの...

2020年09月15日

製造業のDXを実現!スマラボ東京の開所式に参加しました

9月10日、東京都千代田区にオープンした「スマラボ」の開所式にて、来賓挨拶をさせていただきました。このスマラボ東京とは、ロボットとIoTを駆使した各種デモ機が展示された「スマートファクトリーの最先端技術」が体験できるショールームです。そして、製造業のデジタル技術とデータの利活用を可能にする「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の新しい技術に出会うことができる、日本で唯一の場所です。 ...

9月10日、東京都千代田区にオープンした「スマラボ」の開所式にて、来賓挨拶をさせていただきました。このスマラボ東京とは、ロボットとIoTを駆使した各種デモ機が展示された「スマートファクトリーの最先端技術」が体験できるショールームです。そして、製造業のデジタル技術とデータの利活用を可能にする「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の新しい技術に出会うことができる、日本で唯一の場所です。 ...

2020年09月04日

国会図書館デジタル化の実情!非公開エリア含めた視察レポート(中編)

 前回のブログ「デジタル化能力5%弱?!国会図書館デジタル化実現へ大きく前進!」では、国立国会図書館のデジタル化の現状と課題、予算化に向けた動きについてお伝えしました。今回は先月行った、国会図書館の視察の様子をお伝えします。普段は見るこのできない場所をたくさん見てきましたので、非公開エリアも含めて皆さんにお伝えしたいと思います。   国会図書館のスキャナーの実情を視察  まずは、視察の目...

 前回のブログ「デジタル化能力5%弱?!国会図書館デジタル化実現へ大きく前進!」では、国立国会図書館のデジタル化の現状と課題、予算化に向けた動きについてお伝えしました。今回は先月行った、国会図書館の視察の様子をお伝えします。普段は見るこのできない場所をたくさん見てきましたので、非公開エリアも含めて皆さんにお伝えしたいと思います。   国会図書館のスキャナーの実情を視察  まずは、視察の目...

2020年09月02日

障がい者B型就労所「AlonAlonオーキッドガーデン」視察レポート

写真)AlonAlon理事長の那部智史さん(右) 8月31日、千葉県富津市にある就労継続支援B型事業所(※1)「AlonAlon」の視察に行ってきました。AlonAlon理事長の那部さんとは、障がい者の就労事業の課題を解決するために継続的に議論していますが、今回は、新型コロナの影響で全国の障がい者が働く事業所の工賃が下がっている中での現状をヒアリングすることが主な目的でした。 新型...

写真)AlonAlon理事長の那部智史さん(右) 8月31日、千葉県富津市にある就労継続支援B型事業所(※1)「AlonAlon」の視察に行ってきました。AlonAlon理事長の那部さんとは、障がい者の就労事業の課題を解決するために継続的に議論していますが、今回は、新型コロナの影響で全国の障がい者が働く事業所の工賃が下がっている中での現状をヒアリングすることが主な目的でした。 新型...

2020年05月16日

花粉症の発生源対策、視察報告【花粉症対策ブログその③】

写真)視察の様子 前回、前々回のブログでは、国の花粉症対策に欠落していた曝露対策の重要性、省庁縦割りの壁を超えるため環境省が主導して総合的な対策を推進すべきであること、そして、そられに向けた私の取り組みについてお伝えました。しかし、花粉症対策はそれだけで十分ということにはなりません。「花粉の発生源をいかに抑えるか」という視点も不可欠です。もっとも、花粉の発生源対策は、50年以上の時間がか...

写真)視察の様子 前回、前々回のブログでは、国の花粉症対策に欠落していた曝露対策の重要性、省庁縦割りの壁を超えるため環境省が主導して総合的な対策を推進すべきであること、そして、そられに向けた私の取り組みについてお伝えました。しかし、花粉症対策はそれだけで十分ということにはなりません。「花粉の発生源をいかに抑えるか」という視点も不可欠です。もっとも、花粉の発生源対策は、50年以上の時間がか...