活動報告 国会活動

2016年03月19日

TPPによる日本国内の著作権法の変更について

TPPの大筋合意を受けて、政府から著作権法の改正案が提示されました。数年間に渡り、この問題に取り組んできましたが、やっと安心出来るところが見えてきました。 特に、著作権の非親告罪化については、TPPの合意書では「原則非親告罪化、例外的に親告罪あり」だったものを国内法では「原則親告罪、例外的に非親告罪あり(海賊版)」としているところが秀逸です。 法定賠償制度についても、現行の著作権法で定...

TPPの大筋合意を受けて、政府から著作権法の改正案が提示されました。数年間に渡り、この問題に取り組んできましたが、やっと安心出来るところが見えてきました。 特に、著作権の非親告罪化については、TPPの合意書では「原則非親告罪化、例外的に親告罪あり」だったものを国内法では「原則親告罪、例外的に非親告罪あり(海賊版)」としているところが秀逸です。 法定賠償制度についても、現行の著作権法で定...

2016年03月09日

日本の警察はAPPLEに携帯端末解除を強要できるのか(3/7 予算委議事録)

3月7日予算委員会では ・通信の秘密の定義 ・FBIとAPPLEによる端末ロック解除問題 ・障がい者ハートフルポイント制度 について触れました。 2016年03月07日参議院予算委員会 議事録(未定稿) ○山田太郎君 日本を元気にする会・無所属会の山田太郎でございます。  今日は、表現の自由、表現の自由は文化と経済に大きな効果があると思っています。そういった観点で少し...

3月7日予算委員会では ・通信の秘密の定義 ・FBIとAPPLEによる端末ロック解除問題 ・障がい者ハートフルポイント制度 について触れました。 2016年03月07日参議院予算委員会 議事録(未定稿) ○山田太郎君 日本を元気にする会・無所属会の山田太郎でございます。  今日は、表現の自由、表現の自由は文化と経済に大きな効果があると思っています。そういった観点で少し...

2016年03月08日

「実在しない児童を描写した”児童ポルノ”について、日本は国際約束上義務を負っていない」を閣議決定

先日、提出した質問主意書が閣議決定され転送されてきました。 日本は国際約束上、実在しない児童を描写した”児童ポルノ”について、なんら規制する義務を負っていないことが明らかになりました。国連からの各種勧告に対しても有効な反論材料となります。 詳細は以下の答弁書の下線部をご確認下さい。(質問はこちら) PDF版 → 参67山田太郎君(児童ポルノの定義) 参議院議員山田太郎君...

先日、提出した質問主意書が閣議決定され転送されてきました。 日本は国際約束上、実在しない児童を描写した”児童ポルノ”について、なんら規制する義務を負っていないことが明らかになりました。国連からの各種勧告に対しても有効な反論材料となります。 詳細は以下の答弁書の下線部をご確認下さい。(質問はこちら) PDF版 → 参67山田太郎君(児童ポルノの定義) 参議院議員山田太郎君...

2016年03月07日

3/4 予算委員会 マンガやアニメは人権侵害にあたらないと答弁

3月4日の予算委員会です ・児童養護(一時保護所と子どもシェルター) ・警視庁児ポ法違反でフィギア押収 ・国連勧告に対する日本の対応 190-参-予算委員会-009号 2016年03月04日(未定稿) ○山田太郎君 維新・元気の山田太郎でございます。  昨日に引き続き、今日も少し児童養護について質疑させていただければと思っています。  先ほど山本香苗議員の方も相当...

3月4日の予算委員会です ・児童養護(一時保護所と子どもシェルター) ・警視庁児ポ法違反でフィギア押収 ・国連勧告に対する日本の対応 190-参-予算委員会-009号 2016年03月04日(未定稿) ○山田太郎君 維新・元気の山田太郎でございます。  昨日に引き続き、今日も少し児童養護について質疑させていただければと思っています。  先ほど山本香苗議員の方も相当...

2016年03月01日

「国際約束上の児童ポルノの定義に関する質問主意書」を提出しました

2月29日、「国際約束上の児童ポルノの定義に関する質問主意書」を提出しました。 これから内閣に送られ、閣議決定を経て、3月8日に答弁書が戻ります。 国際約束上の児童ポルノの定義に関する質問主意書(PDF) 答弁書はこちら ■質問主意書のポイント ・国際約束上、日本が児童ポルノについて義務を負っている条約は2つのみであり、いずれも日本政府としては、実在しない児童の”児童ポルノ”...

2月29日、「国際約束上の児童ポルノの定義に関する質問主意書」を提出しました。 これから内閣に送られ、閣議決定を経て、3月8日に答弁書が戻ります。 国際約束上の児童ポルノの定義に関する質問主意書(PDF) 答弁書はこちら ■質問主意書のポイント ・国際約束上、日本が児童ポルノについて義務を負っている条約は2つのみであり、いずれも日本政府としては、実在しない児童の”児童ポルノ”...

2016年01月19日

1/19予算委員会 児童虐待の政府総合調整部署をついに作ると菅官房長官が発言

1月19日の予算委員会では ・児童虐待の政府総合調整部署について ・国家公務員の給料の値上げについて 190-参-予算委員会-004号 2016年01月19日 ○山田太郎君 維新・元気の会の会派の山田太郎でございます。  昨日の議論に引き続き、国連報告者等の記者会見に関しての、特に児童の性的虐待等についての議論から始めたいと思います。  先ほど山本香苗議員の方からも児童...

1月19日の予算委員会では ・児童虐待の政府総合調整部署について ・国家公務員の給料の値上げについて 190-参-予算委員会-004号 2016年01月19日 ○山田太郎君 維新・元気の会の会派の山田太郎でございます。  昨日の議論に引き続き、国連報告者等の記者会見に関しての、特に児童の性的虐待等についての議論から始めたいと思います。  先ほど山本香苗議員の方からも児童...

2015年09月17日

安保法制の5党”歯止め”の付帯決議

本日の参議院の安保法制に関する委員会で私が5党を代表して読み上げた附帯決議です。同様の内容で明日閣議決定することで安倍総理と約束をしています ポイントは 政府が集団的自衛権を行使しようとしたとき、完全に国会のコントロール下に 自衛隊の海外派遣について、半年ごとの国会への報告と、国会の中止決議があった場合の撤退の明文化 国会で自衛隊海外派遣の常時監視と事後検証の仕組み構築 ■附帯決...

本日の参議院の安保法制に関する委員会で私が5党を代表して読み上げた附帯決議です。同様の内容で明日閣議決定することで安倍総理と約束をしています ポイントは 政府が集団的自衛権を行使しようとしたとき、完全に国会のコントロール下に 自衛隊の海外派遣について、半年ごとの国会への報告と、国会の中止決議があった場合の撤退の明文化 国会で自衛隊海外派遣の常時監視と事後検証の仕組み構築 ■附帯決...

2015年09月01日

与党との安保法案修正協議を続けています

本日9月1日17時から、安全保障関連法案について、元気会、次世代、改革と与党との間で修正協議を引き続き行いました。 我々が提出した修正案にある、入口(事前承認)、中口(再承認)、出口(事後検証)のそれぞれの段階での国会による承認関与の必要性が議論されました。 自公側からは国会承認の必要性について議論を重ねてきたこと、真摯に修正に取り組むことなどの考えを伝えられました。 元気会...

本日9月1日17時から、安全保障関連法案について、元気会、次世代、改革と与党との間で修正協議を引き続き行いました。 我々が提出した修正案にある、入口(事前承認)、中口(再承認)、出口(事後検証)のそれぞれの段階での国会による承認関与の必要性が議論されました。 自公側からは国会承認の必要性について議論を重ねてきたこと、真摯に修正に取り組むことなどの考えを伝えられました。 元気会...

2015年08月28日

近隣国と食でつながることで、戦争ができない状況をも生む。日本の農業の重要性。

8月27日、農林水産委員会で質疑を行いました。 これまで行ってきた農業協同組合法の一部を改正する法律案の委員会質疑の最終日であり、安倍総理自らこの農協法改正及び日本の農業についての質問に答えて頂きました。 【今日の質疑のポイント】 ・ホルムズ海峡における機雷掃海などエネルギー面で日本が抱える問題などについては、特別委員会で連日議論されています。ですが、私は、その中で食の安...

8月27日、農林水産委員会で質疑を行いました。 これまで行ってきた農業協同組合法の一部を改正する法律案の委員会質疑の最終日であり、安倍総理自らこの農協法改正及び日本の農業についての質問に答えて頂きました。 【今日の質疑のポイント】 ・ホルムズ海峡における機雷掃海などエネルギー面で日本が抱える問題などについては、特別委員会で連日議論されています。ですが、私は、その中で食の安...

2015年08月26日

安保法制の委員会で安倍総理に提案!「入口・中口・出口」での承認、検証。

昨日は安保法制の委員会で安倍総理と議論しました。 日本が直接武力攻撃を受けた場合を除いて、入口(派遣前の例外無き国会承認)中口(派遣中定期的承認)出口(終了後の検証)の各タイミングで国民・国会の関与を強めるよう提案しました。 特に大量破壊兵器がないのにも関わらず開戦の支持をしてしまったイラク戦争については、その反省を含めた報告書全体が開示されていないことについて、委員会の理事会でも...

昨日は安保法制の委員会で安倍総理と議論しました。 日本が直接武力攻撃を受けた場合を除いて、入口(派遣前の例外無き国会承認)中口(派遣中定期的承認)出口(終了後の検証)の各タイミングで国民・国会の関与を強めるよう提案しました。 特に大量破壊兵器がないのにも関わらず開戦の支持をしてしまったイラク戦争については、その反省を含めた報告書全体が開示されていないことについて、委員会の理事会でも...