国会活動

2015年05月12日

海外と日本の主権者教育の違い

本日行われた、選挙権年齢に関するプロジェクトチーム第9回に参加しました。 内容は、「主権者教育について」の意見交換などです。 わが国の大学における、学生の政治活動についての意見交換に始まり、諸外国の主権者教育の実例について状況を確認しました。 各国の取り組みについて簡単にまとめると次のような感じです。 ・イギリス:11歳から14歳まで市民、議会、国王の役割、民主政治の発展 ...

本日行われた、選挙権年齢に関するプロジェクトチーム第9回に参加しました。 内容は、「主権者教育について」の意見交換などです。 わが国の大学における、学生の政治活動についての意見交換に始まり、諸外国の主権者教育の実例について状況を確認しました。 各国の取り組みについて簡単にまとめると次のような感じです。 ・イギリス:11歳から14歳まで市民、議会、国王の役割、民主政治の発展 ...

2015年04月28日

「選挙権年齢に関するプロジェクトチーム」に出席しました。

「選挙権年齢に関するプロジェクトチーム」に出席しました。 このPTは、超党派で国民投票法の投票権と公職選挙法の選挙権年齢を国民投票法施行後2年以内に「20歳以上」から「18歳以上」へ引き下げることを目指すものです。 18歳に選挙権が引き下げになると、広く若者の意見を反映する方向へ進みます。 一方で、高校生も在学中に選挙権が与えられるため、学校生活、学校教育でもどのよう...

「選挙権年齢に関するプロジェクトチーム」に出席しました。 このPTは、超党派で国民投票法の投票権と公職選挙法の選挙権年齢を国民投票法施行後2年以内に「20歳以上」から「18歳以上」へ引き下げることを目指すものです。 18歳に選挙権が引き下げになると、広く若者の意見を反映する方向へ進みます。 一方で、高校生も在学中に選挙権が与えられるため、学校生活、学校教育でもどのよう...

2015年04月28日

「改正児童ポルノ禁止法施行に関する質問」に対する答弁書

4月15日に提出しました「改正児童ポルノ禁止法施行に関する質問主意書」に関して、閣議決定を経て、答弁書が参りました。 ■答弁書のポイント 単純所持の罰則適用にあたっての告知 → 法務省のHPなどで公開(担当課に問合せても即答できない場所に法文の説明として公開。特に単純所持に絞った説明ではない) CG画の技術進歩で児童が実在か非実在かは区別出来ない → およそ実在しなければ児童...

4月15日に提出しました「改正児童ポルノ禁止法施行に関する質問主意書」に関して、閣議決定を経て、答弁書が参りました。 ■答弁書のポイント 単純所持の罰則適用にあたっての告知 → 法務省のHPなどで公開(担当課に問合せても即答できない場所に法文の説明として公開。特に単純所持に絞った説明ではない) CG画の技術進歩で児童が実在か非実在かは区別出来ない → およそ実在しなければ児童...

2015年04月22日

4月23日に参議院農林水産委員会で質疑を行います

4月23日(木)に参議院農林水産委員会で質疑を行います。 巨額な税金を投じて集約されている日本の農地。 その集約もままならないのですが、たとえ集約がうまくいっても、高齢化と少子化、さらには農業離れで、農場従事者の方の数が圧倒的に足りない現実。 農水省は、必要数を確保できると無理な計画を立てて問題の先送りをしようと必死です。農林水産委員会の質疑は、前回に引き続き、日本の農業就業人口の問題を...

4月23日(木)に参議院農林水産委員会で質疑を行います。 巨額な税金を投じて集約されている日本の農地。 その集約もままならないのですが、たとえ集約がうまくいっても、高齢化と少子化、さらには農業離れで、農場従事者の方の数が圧倒的に足りない現実。 農水省は、必要数を確保できると無理な計画を立てて問題の先送りをしようと必死です。農林水産委員会の質疑は、前回に引き続き、日本の農業就業人口の問題を...

2015年04月21日

「日本郵便株式会社における郵便物の放棄等の不祥事に関する質問主意書」に対する答弁書

先日提出しました「日本郵便株式会社における郵便物の放棄等の不祥事に関する質問主意書」に関して、閣議決定を経て、答弁書が参りました。 ■答弁書のポイント 政府は日本郵便が配達する郵便(一般信書=民間企業の参入に大幅に制限あり)の不祥事(放棄・隠匿・窃取・横領・紛失等)は発生都度報告があるのではなく、報道発表などを通じて把握している。 日本郵便は年間200~400件程度のそういった不祥事を起...

先日提出しました「日本郵便株式会社における郵便物の放棄等の不祥事に関する質問主意書」に関して、閣議決定を経て、答弁書が参りました。 ■答弁書のポイント 政府は日本郵便が配達する郵便(一般信書=民間企業の参入に大幅に制限あり)の不祥事(放棄・隠匿・窃取・横領・紛失等)は発生都度報告があるのではなく、報道発表などを通じて把握している。 日本郵便は年間200~400件程度のそういった不祥事を起...

2015年04月15日

「改正児童ポルノ禁止法施行に関する質問主意書」を提出しました

4月15日、「改正児童ポルノ禁止法施行に関する質問主意書」を参議院議長に提出しました。これから内閣に送られ、閣議決定を経て、答弁書が戻ります。 ※本件の答弁書についてはこちらから。 児ポ法施行に関する質問主意書1/7  政府は3ヶ月後に児童ポルノの単純所持について罰則適用されるようになることについて、広報活動は何を行っているのか http://t.co/DU9FE2CSjD ...

4月15日、「改正児童ポルノ禁止法施行に関する質問主意書」を参議院議長に提出しました。これから内閣に送られ、閣議決定を経て、答弁書が戻ります。 ※本件の答弁書についてはこちらから。 児ポ法施行に関する質問主意書1/7  政府は3ヶ月後に児童ポルノの単純所持について罰則適用されるようになることについて、広報活動は何を行っているのか http://t.co/DU9FE2CSjD ...

2015年04月09日

日本のイニシアティブが発揮できる有益な支援・協力に向けた運用を提案、ODA特別委員会にて

4月6日、政府開発援助(ODA)等に関する特別委員会にて、平成27年度予算に関して、日本のODAのあり方に関して、質疑を行いました。 開発途上国の公共団体、教育・医療機関等が実施する小規模なプロジェクトに対し、現地大使館が資金協力を行う「草の根・人間の安全保障無償資金協力」事業は、案件額1,000万円以下という原則がある為、支援が限定的になってしまう現状です。昨年ODA派遣で私が視察した学校では...

4月6日、政府開発援助(ODA)等に関する特別委員会にて、平成27年度予算に関して、日本のODAのあり方に関して、質疑を行いました。 開発途上国の公共団体、教育・医療機関等が実施する小規模なプロジェクトに対し、現地大使館が資金協力を行う「草の根・人間の安全保障無償資金協力」事業は、案件額1,000万円以下という原則がある為、支援が限定的になってしまう現状です。昨年ODA派遣で私が視察した学校では...

2015年04月09日

不思議だらけの農水省所管特別会計、農林水産委員会にて質疑

4月7日、農林水産委員会質疑に立ちました。 内容は、農水省所管の不思議だらけの特別会計についてです。ずっと追いかけています花粉症の原因のスギ事業やコメの直接支払制度、備蓄米に関して等、調べれば調べるほど、驚きや不可解なことばかり。林農林水産大臣、今井林野庁長官に質問をぶつけました。 花粉症対策の関係でこれまでも調査してきた国有林事業に関しては、約4兆円(国債2兆8000億円、債務管理特別会計1...

4月7日、農林水産委員会質疑に立ちました。 内容は、農水省所管の不思議だらけの特別会計についてです。ずっと追いかけています花粉症の原因のスギ事業やコメの直接支払制度、備蓄米に関して等、調べれば調べるほど、驚きや不可解なことばかり。林農林水産大臣、今井林野庁長官に質問をぶつけました。 花粉症対策の関係でこれまでも調査してきた国有林事業に関しては、約4兆円(国債2兆8000億円、債務管理特別会計1...

2015年04月08日

「日本郵便株式会社における郵便物の放棄等の不祥事に関する質問主意書」を提出しました

4月7日、「日本郵便株式会社における郵便物の放棄等の不祥事に関する質問主意書」を提出しました。 ※本件の答弁書についてはこちらから。 日本郵便の不祥事(信書)に関する質問主意書①/3 政府は日本郵便の信書の放棄等の不祥事はどうやって知っているのか。それが報道の場合何件把握しているのか。また、実際の不祥事は何件なのか http://t.co/RUuoCWRyRY — 参議院議員 山田太...

4月7日、「日本郵便株式会社における郵便物の放棄等の不祥事に関する質問主意書」を提出しました。 ※本件の答弁書についてはこちらから。 日本郵便の不祥事(信書)に関する質問主意書①/3 政府は日本郵便の信書の放棄等の不祥事はどうやって知っているのか。それが報道の場合何件把握しているのか。また、実際の不祥事は何件なのか http://t.co/RUuoCWRyRY — 参議院議員 山田太...

2015年04月03日

郵便法違反で逮捕!?信書問題、本当にもらえるか不安ばかりの年金問題を予算委員会で取り上げました

3月27日、予算委員会質疑を行いました。今回はクロネコメール便廃止に関わる信書問題、本当にもらえるのか不安ばかりの年金問題を取り上げ、安倍総理・塩崎厚労大臣・高市総務大臣対して質疑しました。 まずは、多くの方が利用しているメール便。同封する書面の内容によって法違反のリスクとなるケースを懸念して廃止を決めたヤマト運輸社ですが、そもそも複雑な法規制のもとで恩恵を受けている企業があります。規制改革をう...

3月27日、予算委員会質疑を行いました。今回はクロネコメール便廃止に関わる信書問題、本当にもらえるのか不安ばかりの年金問題を取り上げ、安倍総理・塩崎厚労大臣・高市総務大臣対して質疑しました。 まずは、多くの方が利用しているメール便。同封する書面の内容によって法違反のリスクとなるケースを懸念して廃止を決めたヤマト運輸社ですが、そもそも複雑な法規制のもとで恩恵を受けている企業があります。規制改革をう...