太郎ライブラリ インターン日記

2013年02月27日

2013年2月26日 参議院本会議

今日は朝から忙しい1日が予想された。というのも、補正予算が決まるのではないかとの公算が大きかったからだ。また、山田太郎参議院議員が本会議で補正予算(政府原案)に対する反対討論をすることになっていたため、傍聴に向かった。 討論者は何名かいたが、中でも山田議員の時には新人という事もあってか、野次がすごかった。野次の内容は意外と今回の補正に関係のないものが多かったのが印象的であった。 議員本人も初め...

今日は朝から忙しい1日が予想された。というのも、補正予算が決まるのではないかとの公算が大きかったからだ。また、山田太郎参議院議員が本会議で補正予算(政府原案)に対する反対討論をすることになっていたため、傍聴に向かった。 討論者は何名かいたが、中でも山田議員の時には新人という事もあってか、野次がすごかった。野次の内容は意外と今回の補正に関係のないものが多かったのが印象的であった。 議員本人も初め...

2013年02月25日

2013年2月19日 参議院予算委員会傍聴

セキュリティーが異常な程強固 傍聴席の椅子がふかふかなのに足下がかなり狭い ただ原稿を読んでいるだけ 野次が息抜きになっている気がする 実際、野次が一番おもしろい 「ただ原稿を読んでいるだけ」の点が非常に問題であると感じた。原稿を読むことに何の意味があるのか不思議でしょうがない。2013/2/6(水)見学した際の議員さん(山田さん)のスケジュ...

セキュリティーが異常な程強固 傍聴席の椅子がふかふかなのに足下がかなり狭い ただ原稿を読んでいるだけ 野次が息抜きになっている気がする 実際、野次が一番おもしろい 「ただ原稿を読んでいるだけ」の点が非常に問題であると感じた。原稿を読むことに何の意味があるのか不思議でしょうがない。2013/2/6(水)見学した際の議員さん(山田さん)のスケジュ...

2013年02月15日

2013年2月12日 衆議院予算委員会傍聴

委員会会場に入ろうにも、サングラスをかけた石原慎太郎先生とそれを取り巻く記者の群れに僕らは圧倒された。僕らが会場に着いたのは浅尾代議士が質問を開始するところであり、石原代議士が退出する場面でもあった。SPに壁に押し付けられながら、その鋭い迫力が目に焼き付いた。   委員会での内容について、3つのことが印象にのこった。まずは浅尾代議士が質問に際して、官民ファンドの減損会計の話をしていたのだが、一...

委員会会場に入ろうにも、サングラスをかけた石原慎太郎先生とそれを取り巻く記者の群れに僕らは圧倒された。僕らが会場に着いたのは浅尾代議士が質問を開始するところであり、石原代議士が退出する場面でもあった。SPに壁に押し付けられながら、その鋭い迫力が目に焼き付いた。   委員会での内容について、3つのことが印象にのこった。まずは浅尾代議士が質問に際して、官民ファンドの減損会計の話をしていたのだが、一...

2013年02月15日

2013年2月12日 衆議院予算委員会傍聴

今回、衆議院予算委員会を傍聴する機会に恵まれた。 国会での傍聴は初であり、非常に有意義なものとなった。会場では、メディアの方々がビデオカメラやカメラを構えており、代議士の方々が議論を交わし緊張した雰囲気に包まれていた。その中で討論を拝聴できたことは光栄である。メディアを通して視聴するのとまた一味違い新鮮味があった。 議論はTPPや年金問題等多岐に亘り、色々と新しく知る事が多い会となった...

今回、衆議院予算委員会を傍聴する機会に恵まれた。 国会での傍聴は初であり、非常に有意義なものとなった。会場では、メディアの方々がビデオカメラやカメラを構えており、代議士の方々が議論を交わし緊張した雰囲気に包まれていた。その中で討論を拝聴できたことは光栄である。メディアを通して視聴するのとまた一味違い新鮮味があった。 議論はTPPや年金問題等多岐に亘り、色々と新しく知る事が多い会となった...

2013年02月15日

2013年2月12日 衆議院予算委員会傍聴

質問者はみんなの党政調会長、浅尾代議士。質問は補正予算案を基軸に自衛隊装備に関して装備面での懸念、冷静な対話の要求、財務と財政の融合、犯罪被害者救済に関して、農地の接収・相続について、偽装除染について、物価変動指数について、国家公務員報酬についてと多岐にわたっていた。安倍総理を中心に麻生財務大臣、甘利担当大臣、石原環境大臣が答弁に立ったのだが、やはり自民党の巧さなのか、前向きなニュアンスを示しつつ...

質問者はみんなの党政調会長、浅尾代議士。質問は補正予算案を基軸に自衛隊装備に関して装備面での懸念、冷静な対話の要求、財務と財政の融合、犯罪被害者救済に関して、農地の接収・相続について、偽装除染について、物価変動指数について、国家公務員報酬についてと多岐にわたっていた。安倍総理を中心に麻生財務大臣、甘利担当大臣、石原環境大臣が答弁に立ったのだが、やはり自民党の巧さなのか、前向きなニュアンスを示しつつ...