質問主意書

2015年02月09日

「ヤマト運輸株式会社クロネコメール便の廃止に係る信書の郵便法問題に関する質問主意書」に対する答弁書

先日提出しました「ヤマト運輸株式会社クロネコメール便の廃止に係る信書の郵便法問題に関する質問主意書」に関して、閣議決定を経て、答弁書が届きました。 ヤマト運輸株式会社クロネコメール便の廃止に係る信書の郵便法問題に関する質問に対する答弁書 一について お尋ねの趣旨が必ずしも明らかではないが、信書の送達については、ユニバーサルサービスを確保するとともに、通信の秘密を保護する必要があること...

先日提出しました「ヤマト運輸株式会社クロネコメール便の廃止に係る信書の郵便法問題に関する質問主意書」に関して、閣議決定を経て、答弁書が届きました。 ヤマト運輸株式会社クロネコメール便の廃止に係る信書の郵便法問題に関する質問に対する答弁書 一について お尋ねの趣旨が必ずしも明らかではないが、信書の送達については、ユニバーサルサービスを確保するとともに、通信の秘密を保護する必要があること...

2015年02月06日

報道されない著作権問題。政府からの回答は…。(20150206)

■著作権の非親告罪化について、内閣の回答 昨年、TPPにおける著作権の非親告罪化について、皆さんからの意見を反映した質問主意書を提出致しました。内容としては、TPPに含まれている、著作権の非親告罪化について、留保するように要請したものです。 (詳細は → https://taroyamada.jp/?p=6073) その質問主意書に対しての回答が、閣議決定を経て内閣から返って参りました。 ...

■著作権の非親告罪化について、内閣の回答 昨年、TPPにおける著作権の非親告罪化について、皆さんからの意見を反映した質問主意書を提出致しました。内容としては、TPPに含まれている、著作権の非親告罪化について、留保するように要請したものです。 (詳細は → https://taroyamada.jp/?p=6073) その質問主意書に対しての回答が、閣議決定を経て内閣から返って参りました。 ...

2015年02月04日

「アマゾンジャパンに対する家宅捜索に関する質問主意書」を提出しました

「アマゾンジャパンに対する家宅捜索に関する質問主意書」を参議院議長に提出しましたのでお知らせします。今後は内閣に送られ閣議決定を経て回答されます。 詳細については、本日22:00~の「山田太郎のさんちゃんねる」にて解説する予定です。 本年一月二十三日に愛知県警が、インターネット通販世界大手「アマゾン」が自社の商品サイトへの児童ポルノ写真集出品を放置し、販売を手助けした疑いがあるとして、...

「アマゾンジャパンに対する家宅捜索に関する質問主意書」を参議院議長に提出しましたのでお知らせします。今後は内閣に送られ閣議決定を経て回答されます。 詳細については、本日22:00~の「山田太郎のさんちゃんねる」にて解説する予定です。 本年一月二十三日に愛知県警が、インターネット通販世界大手「アマゾン」が自社の商品サイトへの児童ポルノ写真集出品を放置し、販売を手助けした疑いがあるとして、...

2015年02月04日

「ヤマト運輸株式会社クロネコメール便の廃止に係る信書の郵便法問題に関する質問主意書」を提出しました

「ヤマト運輸株式会社クロネコメール便の廃止に係る信書の郵便法問題に関する質問主意書」を参議院議長に提出しました。今後は内閣に送られ閣議決定を経て回答されます。 郵便法の目的は、「郵便の役務をなるべく安い料金で、あまねく、公平に提供することによつて、公共の福祉を増進すること」(第一条)である。また、「民間事業者による信書の送達に関する法律」(以下「信書便法」という。)の目的は、「郵便法(昭和二...

「ヤマト運輸株式会社クロネコメール便の廃止に係る信書の郵便法問題に関する質問主意書」を参議院議長に提出しました。今後は内閣に送られ閣議決定を経て回答されます。 郵便法の目的は、「郵便の役務をなるべく安い料金で、あまねく、公平に提供することによつて、公共の福祉を増進すること」(第一条)である。また、「民間事業者による信書の送達に関する法律」(以下「信書便法」という。)の目的は、「郵便法(昭和二...

2015年02月04日

予算委員会で使用した説明用パネルを公開します

2月3日に参議院予算委員会質疑にて使用しました説明用パネルに関して、 お問い合わせを多く頂きましたので、公開します。 【ライフスタイルの比較】 【名目賃金上昇率と消費者物価上昇率の推移】 【厚生年金の標準的な年金額の見直し】 ...

2月3日に参議院予算委員会質疑にて使用しました説明用パネルに関して、 お問い合わせを多く頂きましたので、公開します。 【ライフスタイルの比較】 【名目賃金上昇率と消費者物価上昇率の推移】 【厚生年金の標準的な年金額の見直し】 ...

2015年02月02日

嘘!?日本の国家予算雑過ぎ!?(20150202)

■予算委員会での予算審議 以前から懸念していることですが、日本の国家予算の決め方はあまりにも雑すぎるのではないかと思っています。参議院の予算委員会は、平成26年度の補正予算の本日より2日間で審議を行います。衆議院も同様で、約3.5兆円もの補正予算が、たったの2週間ほどで決まってしまいます。その後、本予算の審議も始まりますが、衆議院・参議院を併せても期間は2~3ヶ月ほどですが、予算の中身を見る限り...

■予算委員会での予算審議 以前から懸念していることですが、日本の国家予算の決め方はあまりにも雑すぎるのではないかと思っています。参議院の予算委員会は、平成26年度の補正予算の本日より2日間で審議を行います。衆議院も同様で、約3.5兆円もの補正予算が、たったの2週間ほどで決まってしまいます。その後、本予算の審議も始まりますが、衆議院・参議院を併せても期間は2~3ヶ月ほどですが、予算の中身を見る限り...

2015年02月02日

2月3日、参議院予算委員会にて質疑を行います

参議院予算委員会にて質疑を行います。 日時:2月3日(火)13:29-13:59 11:51-11:54、13:00-13:27   (当初時間より、時間変更となりました) 場所:参議院第1委員会室 URL 参議院インターネット審議中継*NHKのテレビ中継も入る予定です。   *当日の進行状況により、質問時間が前後する可能性はありますのでご了承下さい。 ...

参議院予算委員会にて質疑を行います。 日時:2月3日(火)13:29-13:59 11:51-11:54、13:00-13:27   (当初時間より、時間変更となりました) 場所:参議院第1委員会室 URL 参議院インターネット審議中継*NHKのテレビ中継も入る予定です。   *当日の進行状況により、質問時間が前後する可能性はありますのでご了承下さい。 ...

2015年01月30日

国民の民意?衆院選を振り返る(2015/01/30)

■衆院選を振り返る 今週から通常国会が始まりましたが、今ここで改めて昨年の衆議院選挙を振り返って見たいと思います。 投票率は53%で、私は民意を十分に反映し切れていないと考えています。 そして、次の衆院選挙まで全ての政策について与党が信任をえたということも間違っていると思います。 元気会では直接民主政治をうたっています。なにか国民を二分するような政策・法案については、選挙での信任を...

■衆院選を振り返る 今週から通常国会が始まりましたが、今ここで改めて昨年の衆議院選挙を振り返って見たいと思います。 投票率は53%で、私は民意を十分に反映し切れていないと考えています。 そして、次の衆院選挙まで全ての政策について与党が信任をえたということも間違っていると思います。 元気会では直接民主政治をうたっています。なにか国民を二分するような政策・法案については、選挙での信任を...

2015年01月29日

酪農産業競争力強化に向けた提案、農畜産推進機構補助金等について質疑を行いました

1月14日、参議院農林水産委員会にて、質疑を行いました。 ○山田太郎君 日本を元気にする会の山田太郎でございます。最初に一言、委員会の皆様に御挨拶を申し上げます。  今回、年末、新会派日本を元気にする会を立ち上げました。会派としてもこの質問が委員会、国会で一番最初の質問という記念すべきものになりますので、頑張ってやっていきたい、そう思っております。また、まだまだ日本、全国的に元気がないと。...

1月14日、参議院農林水産委員会にて、質疑を行いました。 ○山田太郎君 日本を元気にする会の山田太郎でございます。最初に一言、委員会の皆様に御挨拶を申し上げます。  今回、年末、新会派日本を元気にする会を立ち上げました。会派としてもこの質問が委員会、国会で一番最初の質問という記念すべきものになりますので、頑張ってやっていきたい、そう思っております。また、まだまだ日本、全国的に元気がないと。...

2015年01月27日

中小企業と社会保障。予算で分かるアンバランスな関係とは。(20150127)

■国家予算 1月14日、国家として日本を運営していくための予算、いわゆる「国家予算」が発表されました。総額で96兆3420億円という莫大な金額ですが、この国家予算の内訳を知っている人はあまりいないのではないでしょうか。今回は、この国家予算を紐解いて、政府が力を入れている項目、逆にあまり重視していない項目を考えてみたいと思います。 ■富める老人、貧しい若者 国家予算の内訳を見た時に、最...

■国家予算 1月14日、国家として日本を運営していくための予算、いわゆる「国家予算」が発表されました。総額で96兆3420億円という莫大な金額ですが、この国家予算の内訳を知っている人はあまりいないのではないでしょうか。今回は、この国家予算を紐解いて、政府が力を入れている項目、逆にあまり重視していない項目を考えてみたいと思います。 ■富める老人、貧しい若者 国家予算の内訳を見た時に、最...