農林水産委員会

2015年05月20日

5月19日の農林水産委員会で一般質疑を行いました

まず、ゴールデンウィークの訪米中の西村副大臣の例の発言についてです。 西村副大臣は5月4日午後ワシントンの会見室で「来週以降、テキストへのアクセスを 国会議員に認める方向で少し調整をしたい」と発表しました。 ところが7日午後からロサンゼルス総領事公邸で開かれた会見で、4日の発言を全面撤 回してしまいます。 TPP交渉文書開示をめぐる西村副大臣の発言の撤回は、簡単に言えば、日本の国...

まず、ゴールデンウィークの訪米中の西村副大臣の例の発言についてです。 西村副大臣は5月4日午後ワシントンの会見室で「来週以降、テキストへのアクセスを 国会議員に認める方向で少し調整をしたい」と発表しました。 ところが7日午後からロサンゼルス総領事公邸で開かれた会見で、4日の発言を全面撤 回してしまいます。 TPP交渉文書開示をめぐる西村副大臣の発言の撤回は、簡単に言えば、日本の国...

2015年05月18日

警察が法律を無視!? “通信の傍受を強化させる”というありえない実態とは?【第39回山田太郎ボイス】

■警察が通信の傍受強化を要請!法律に違反したその内容は? もし、あなたの通信(ミニメール)が見られているとしたら… 仮に、それがネット犯罪を未然に防ごうという趣旨で行われているとしても、許される行為といえるでしょうか。今、現実的に、サイト事業者がミニメールのやりとりを監視する、というありえない事態が起こっています。 平成27年4月16日、警察庁(情報技術犯罪対策課・少年課)により出さ...

■警察が通信の傍受強化を要請!法律に違反したその内容は? もし、あなたの通信(ミニメール)が見られているとしたら… 仮に、それがネット犯罪を未然に防ごうという趣旨で行われているとしても、許される行為といえるでしょうか。今、現実的に、サイト事業者がミニメールのやりとりを監視する、というありえない事態が起こっています。 平成27年4月16日、警察庁(情報技術犯罪対策課・少年課)により出さ...

2015年05月15日

もはや橋下派vs反橋下派のイデオロギー論争!?大阪都構想の本質に迫る【第38回山田太郎ボイス】

私も昨日、大阪都構想の件で、大阪に行き橋下市長の話を聞いてきました。大阪市内では賛成派・反対派の街宣カーや自転車などがひっきりなしに走っており、思った以上に大阪では盛り上がっているこの大阪都構想、今日はこの問題に触れたいと思います。 この、大阪都構想については、賛成・反対両者のキャンペーン合戦になっており、実際の中身がなかなか見えてこない方も多いのでは無いでしょうか。大阪市民に大阪の将来を問...

私も昨日、大阪都構想の件で、大阪に行き橋下市長の話を聞いてきました。大阪市内では賛成派・反対派の街宣カーや自転車などがひっきりなしに走っており、思った以上に大阪では盛り上がっているこの大阪都構想、今日はこの問題に触れたいと思います。 この、大阪都構想については、賛成・反対両者のキャンペーン合戦になっており、実際の中身がなかなか見えてこない方も多いのでは無いでしょうか。大阪市民に大阪の将来を問...

2015年05月13日

国会議員717人で唯一!反対はタブーの議案にひとり反対した理由【第37回山田太郎ボイス】

本日、緑の気候基金法について、参議院本会議で採決がありました。 この法案に対して、全国会議員の中で唯一私だけが、反対の立場を取りました。 皆さまからも理由についてのお問い合わせを頂いておりますので、 ここで、その経緯と理由をご説明させて頂きます(予算等の金額は概算) ■ 緑の気候基金法って何!? まず、緑の気候基金についてご説明させて頂きます。この基金は、 発展途上国の...

本日、緑の気候基金法について、参議院本会議で採決がありました。 この法案に対して、全国会議員の中で唯一私だけが、反対の立場を取りました。 皆さまからも理由についてのお問い合わせを頂いておりますので、 ここで、その経緯と理由をご説明させて頂きます(予算等の金額は概算) ■ 緑の気候基金法って何!? まず、緑の気候基金についてご説明させて頂きます。この基金は、 発展途上国の...

2015年05月12日

海外と日本の主権者教育の違い

本日行われた、選挙権年齢に関するプロジェクトチーム第9回に参加しました。 内容は、「主権者教育について」の意見交換などです。 わが国の大学における、学生の政治活動についての意見交換に始まり、諸外国の主権者教育の実例について状況を確認しました。 各国の取り組みについて簡単にまとめると次のような感じです。 ・イギリス:11歳から14歳まで市民、議会、国王の役割、民主政治の発展 ...

本日行われた、選挙権年齢に関するプロジェクトチーム第9回に参加しました。 内容は、「主権者教育について」の意見交換などです。 わが国の大学における、学生の政治活動についての意見交換に始まり、諸外国の主権者教育の実例について状況を確認しました。 各国の取り組みについて簡単にまとめると次のような感じです。 ・イギリス:11歳から14歳まで市民、議会、国王の役割、民主政治の発展 ...

2015年05月11日

今必要なのは、若者の意見!「青少年インターネット環境の整備」と「表現の自由」それぞれの矛盾点を考える【第36回山田太郎ボイス】

■内閣府が意見を募集!9時以降はスマホ禁止!?ナンセンスなフィルタリング強化にもっと意見を! 「青少年インターネット環境の整備等に関する検討会」の見直しに関する提言を含む報告案の検討に向けて内閣府が動き出していますが、実は、この報告案には、危険な要素がたくさん含まれています。今後、法律や政府の政策をつくる元となる重要なものであるにもかかわらず、このまま案が通ってしまっていいのでしょうか?私は...

■内閣府が意見を募集!9時以降はスマホ禁止!?ナンセンスなフィルタリング強化にもっと意見を! 「青少年インターネット環境の整備等に関する検討会」の見直しに関する提言を含む報告案の検討に向けて内閣府が動き出していますが、実は、この報告案には、危険な要素がたくさん含まれています。今後、法律や政府の政策をつくる元となる重要なものであるにもかかわらず、このまま案が通ってしまっていいのでしょうか?私は...

2015年05月01日

「児ポ法への質問に対する答弁書」ずさんな内容とは【第35回山田太郎ボイス】

■閣議決定を経て返されたとは思えない「答弁書」に不信感あり! 昨年7月15日、改正児童ポルノ禁止法が施行されましたが、この施行1年後から、罰則が適用されます。それに伴い、4月15日に「改正児童ポルノ禁止法施行に関する質問主意書」を参議院議長に提出しました。この児ポ法の運用や罰則に関する問題点などについて、政府に質問を投げかけたのです。 (詳細は →https://taroyamada.jp/?...

■閣議決定を経て返されたとは思えない「答弁書」に不信感あり! 昨年7月15日、改正児童ポルノ禁止法が施行されましたが、この施行1年後から、罰則が適用されます。それに伴い、4月15日に「改正児童ポルノ禁止法施行に関する質問主意書」を参議院議長に提出しました。この児ポ法の運用や罰則に関する問題点などについて、政府に質問を投げかけたのです。 (詳細は →https://taroyamada.jp/?...

2015年04月29日

「報道の自由」は尊重されるべきでは?メディアに対する自民党の姿勢から法律の重要性を考える【第34回山田太郎ボイス】

■政党与党はマスコミに対してどうあるべきか!?自民党のメディアへの対応に疑義あり 2015年4月17日、自民党は「事実と違うことを放送された」として、NHKとテレビ朝日の幹部に対し、事情聴取を実施しました。特に、テレ朝のコメンテーターが菅義偉官房長官を名指ししたことを問題とし、放送倫理・番組向上機構に申し立てを行う見込みとのことです。 この自民党の行為に対し、私は、疑問を持っています。...

■政党与党はマスコミに対してどうあるべきか!?自民党のメディアへの対応に疑義あり 2015年4月17日、自民党は「事実と違うことを放送された」として、NHKとテレビ朝日の幹部に対し、事情聴取を実施しました。特に、テレ朝のコメンテーターが菅義偉官房長官を名指ししたことを問題とし、放送倫理・番組向上機構に申し立てを行う見込みとのことです。 この自民党の行為に対し、私は、疑問を持っています。...

2015年04月28日

「選挙権年齢に関するプロジェクトチーム」に出席しました。

「選挙権年齢に関するプロジェクトチーム」に出席しました。 このPTは、超党派で国民投票法の投票権と公職選挙法の選挙権年齢を国民投票法施行後2年以内に「20歳以上」から「18歳以上」へ引き下げることを目指すものです。 18歳に選挙権が引き下げになると、広く若者の意見を反映する方向へ進みます。 一方で、高校生も在学中に選挙権が与えられるため、学校生活、学校教育でもどのよう...

「選挙権年齢に関するプロジェクトチーム」に出席しました。 このPTは、超党派で国民投票法の投票権と公職選挙法の選挙権年齢を国民投票法施行後2年以内に「20歳以上」から「18歳以上」へ引き下げることを目指すものです。 18歳に選挙権が引き下げになると、広く若者の意見を反映する方向へ進みます。 一方で、高校生も在学中に選挙権が与えられるため、学校生活、学校教育でもどのよう...

2015年04月28日

「改正児童ポルノ禁止法施行に関する質問」に対する答弁書

4月15日に提出しました「改正児童ポルノ禁止法施行に関する質問主意書」に関して、閣議決定を経て、答弁書が参りました。 ■答弁書のポイント 単純所持の罰則適用にあたっての告知 → 法務省のHPなどで公開(担当課に問合せても即答できない場所に法文の説明として公開。特に単純所持に絞った説明ではない) CG画の技術進歩で児童が実在か非実在かは区別出来ない → およそ実在しなければ児童...

4月15日に提出しました「改正児童ポルノ禁止法施行に関する質問主意書」に関して、閣議決定を経て、答弁書が参りました。 ■答弁書のポイント 単純所持の罰則適用にあたっての告知 → 法務省のHPなどで公開(担当課に問合せても即答できない場所に法文の説明として公開。特に単純所持に絞った説明ではない) CG画の技術進歩で児童が実在か非実在かは区別出来ない → およそ実在しなければ児童...