国会図書館デジタル化に向けて大きく前進!提言を申し入れました


前回のブログ「デジタル化能力5%弱?!国会図書館デジタル化実現へ大きく前進!」は、非常に大きな反響があり、Twitterでは一時『国会図書館』がトレンド8位まで急上昇しました!皆さんからは「是非、早く進めてほしい!」という、大変多くの声をいただき予算化の実現に向けて着々と動いています。

8月27日の内閣委員会の答弁でも、国立国会図書館長から「予算の問題でデジタル化ができない」と答弁がありましたが、それは我々立法府の責任でもあります。その責任を果たすべく、自民党の知財調査会で私が中心となり取りまとめた提言は、無事に政調審議会を通過しました。そして、本日正式に衆参議長に提言申し入れを行いました。両議長からは「是非、しっかりと進めてほしい」という言葉をいただきました。今後、両院図書館運営委員会が開かれ、国会の予算案に入るよう働きかけていきます。


写真)山東昭子参議院議長(中央)

写真)大島理森衆議院議長(中央)

▽国立国会図書館の図書等のデジタル化についての提言