デジタル庁創設に向けた第二次提言を取りまとめ、政府に提言へ


  自民党のデジタル社会推進本部発足から2ヶ月。12月11日、本部として二回目の提言、「第二次提言」をまとめ上げました。私も、本部の役員として、提言執筆に大きく関わらせていただきました。この第二次提言は、とにかくユーザー(国民)目線のデジタル化に主眼を置いています。「デジタル化でこんなサービスが始まるんだ」という国民の期待が膨らむような、具体的なコンテンツまで踏み込んで議論してきた内容も盛り込んでいます。そして、一次提言では欠けていた、サイバーセキュリティについてもしっかりと盛り込んでいます。


写真)デジタル本部での発言の様子

 今回の提言は、第一次提言と合わせ「デジタル庁創設に向けた中間提言」として、政調審議会でも了承されました。来週22日、菅総理に提言を申し入れる予定です。 

この2か月、私も小委員長という非常に重大な役職を任せていただきましたが、特に、教育と防災の分野では議論が足りていないと痛感しています。また、環境のデジタル化という論点でも今回の提言にはほとんど盛り込めていません。その点は、年明けの小委員会でも継続して議論していきます。また、デジタル庁設置に向けて、いかに国民の利便性があがるのかということを感じていただけるような広報の部分は、私もしっかりと担っていきたいと思います。

以下に、提言の全文を掲載しています。特に9ページから、非常に具体的なサービス内容を記載していますので、是非全文を読んでいただければと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【HP】http://www.taroyamada.jp
【YouTube】http://www.youtube.com/channel/UC5eBt…
【Facebook】 http://taroyamada.jp/fb
【Twitter】 http://twitter.com/yamadataro43

■山田太郎略歴
参議院議員(2期目)。表現の自由を守るために国会内外で活動を行う。表現の自由を守る会代表。

◇経営者として
 ・ネクステック株式会社 代表取締役社長(CEO・創業社長)
 ・パラメトリック・テクノロジー・コーポレーション米国本社副社長(米国NASDAQ上場企業)等

◇教育者として
 ・東京大学 大学院工学系研究科 非常勤講師
 ・早稲田MBAスクール客員准教授(早稲田大学 大学院商学研究科ビジネス専攻)
 ・東京工業大学 大学院社会理工学院研究科 特任教授 等

◇政治家として
 ・参議院議員(2期目)
 ・内閣委員会 委員
 ・政府開発援助等に関する特別委員会 委員
 ・国民生活・経済に関する調査会 理事
 ・議院運営委員会 委員
 ・議院運営委員会委員図書館運営小委員会 委員