未分類

オンラインサロンvol17「都議選総括!どうなる会場問題?」


□■□僕たちのニューカルチャー、山田太郎メルマガ□■□
2017年8月10日  第17号

都議選総括! どうなる会場問題?

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
★気になるニュース、ブログ、SNS
☆「第274回 山田太郎のさんちゃんねる」より「都議選総括!」
★国会議員秘書だったからこそ知っている政治の裏話・14
☆東京都不健全図書指定レポート第10回
★今さら訊けないキーワード解説 第十七回 “票読み、票割り”とは?
☆Q&Aコーナー 築地・豊洲問題の“結論”はどういうこと?
★山田太郎が登場する イベント予告
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

8月11日から3日間開催されたコミケC92も無事閉幕しました。今年も、国際展示場駅前にて街宣活動をさせていただきました。

街宣活動には、今までとは違い、多くの現職議員、元議員、関係者などが応援に駆けつけていただき、各人、表現の自由の重要性について熱弁を奮っていただきました。

2010年頃からコミケでの街宣活動をしてきましたが、始めた頃は、弁士は私だけ、つなぎを秘書の坂井さんにやってもらって、2時間近く話して毎回へとへとだったことを憶えています。また、始めた頃は、街宣を聞いている人はほとんどいず、「うるさい」「オタクに媚びるな」など多くの罵倒もいただきました。

それでも、マンガ、アニメ、ゲームの表現を守る仲間を増やすにはこれしか方法がないと、あれから7年、街宣には毎回100名以上の聴衆と20名以上のボランティアに集まってもらえる様になりました。ビラは、3日間で手渡しで8000枚、会場での置きビラ合わせて、4万枚以上のビラを配布しています。

コミケは、私の政治活動の原点です。このコミケが、オリンピックとビッグサイト問題で2019年4月以降の開催が危ぶまれています。そして、数々の現在、審理されている裁判と著作権の厳格化で、二次創作やパロディーのグレー部分が黒となり、コミケも大きな影響を受けるかも知れません。そうならない様、日本版フェアユース議論を初めとして、コミケや日本のマンガ、アニメ、ゲームの表現の自由を守るために対処していかなくてはなりません。

今年の街宣活動は、曇りの日が続き、この7年間で最も暑さを避けられた記録的に涼しい街宣活動になりました。しかし、今年は、後半から青少年健全育成法の再提出や刑法改正にともなう、東京都の青少年条例の強化など、熱い闘いが予想されます。気候は涼しいからといって気を緩めず、頑張っていきたいと考えています。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

サロン会員の方はこの続きは、お送りしているメールからご覧下さい。

山田太郎のオンラインサロン
http://taroyamada.jp/os