政策 私の主張

ヘイトスピーチ規制法案への反対理由について

2016年5月15日

本日、与党提出のヘイトスピーチ規制法案(正式名称:本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律案)について、参議院本会議で反対票を投じました。 反対した理由 本件の法律やヘイトスピーチにつ

2016/01/18 予算委員会でのやりとり説明

2016年1月18日

image

1月18日の参議院予算委員会での政府とのやりとりです。ネット上でも話題になっていますが、国連の特別報告者の発言がかなりヒドい件や官僚のポケットに入れる補正予算の件などもっと拡散されてもいいのにと思うこともありますので

閣議決定(平和安全法制の成立を踏まえた政府の取組について)

2015年9月24日

image

9月19日に閣議決定された「平和安全法制の成立を踏まえた政府の取組について」をアップ致します。 閣議決定されたことにより、「存立危機事態での武力行使(集団的自衛権を含む)の例外なき事前の国会承認」「法的措置も含めて検

悩みに悩みぬきました。安保法制5党合意書と附帯決議を作成・・・

2015年9月18日

image

集団的自衛権行使や自衛隊の海外の活動を完全に国民・国会のコントロール下に。現実的な”歯止め”が附帯決議と閣議決定で担保されます。なぜ「廃案」を目指さないのか?多くの批判を受けて本当に悩みましたが、政治家として結果を出

安保法制の5党”歯止め”の付帯決議

2015年9月17日

image

本日の参議院の安保法制に関する委員会で私が5党を代表して読み上げた附帯決議です。同様の内容で明日閣議決定することで安倍総理と約束をしています ポイントは 政府が集団的自衛権を行使しようとしたとき、完全に国会のコントロ

NHKニュース『TPP交渉 著作権侵害は「非親告罪」で調整』

2015年2月11日

image

TPP交渉において、著作権の非親告罪を受け入れる方向で政府は調整していることが明らかになりました。NHKのニースでも指摘していますが、このことは、同人誌などの創作活動が取り締まりを受ける懸念があるとの指摘がされていま

児童ポルノ禁止法の再修正案を入手しました

2014年4月23日

image

自民党の高市早苗政調会長より、児童ポルノ禁止法修正案について、みんなの党に対して共同提出の打診がありました。今(23日18:00~)から、その件についてみんなの党内部で議論いたします。結果についてはTwitterや本

秘密保護法案について

2013年12月7日

PDF版はこちら 2013年12月6日 山田太郎 今回の秘密保護法案の参議院での採決に際し棄権をいたしました。この件について、皆さんにご説明致します。 私は秘密保護法の勉強会などで一貫して「知る権利を侵害しない」「行

秘密保護法案に関する経緯、修正案に対する考え方について

2013年11月20日

【PDF版はこちら】 与党とみんなの党との間で秘密保護法に関する修正協議が合意したとの報道が出て以来、Twitterやメール、電話、FAX等で多くのご意見を頂いております。ここで一度、これまでの経緯と、私の修正案に対